--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.08 *Wed

初日(CSニュース)

CSニュースで初日の模様が流れました(・∀・)ノ

今回は舞台を見てからCSで映像を見るという形。
初日を見に行っていて後日見るのとも違います。
私としては今までにないと言いますか…

とにかく、いってみたいと思います!
* * * *

・新撰組の格好の銀ちゃん。
これまたこの格好が似合ってるんだな~。(イタタタタ)

・ヤスがカメラの前を横切ったからって怒る銀ちゃん。
専属カメラマンつければいいのに…笑

・新幹線40分後ですから@橘側

・階段落ちをやりたい監督

・朋子さん登場
銀「どうしたのぉ~っ」
朋「朋子、今、プンプンですの!」
         ↑両手を頭にプンプンポーズ…

・キャバレー@踊る小夏

・ししとう(←居酒屋の名前)
鼻にティッシュ突っ込んでソファーにもたれかかる銀四郎様。
見るも無残…w
にしても、足だけは長い!笑

・銀ちゃんソロ
最後に「主役は俺だぁっ!」っと一言。

・ヤスの家
銀四郎様…!
サングラス(´`)
ハワイ帰りみたいな帽子の被り方とサングラスのコラボレーション…
よりによって小夏ちゃんまでサングラス。
でも、銀四郎様とはエライ違いで(笑)

・婚姻届にハンコ!
さっきのコラボレーションが崩壊し帽子だけに。
というか、ヤスの緑ジャージ…笑
・風呂付のアパート云々
銀四郎様、汗だく。
異常なほど汗だく。

・秘書、橘、専務
初演には無かった場面。

・「コレがコレなもので」
ヤスさんボロボロ…おまけに粉がw

・銀四郎様の悩み
花を一輪持って「会ってくれね~んだよ~泣」と一言。
仕草がキュンとくるんですが。

・ヤスのソロ
にしても、ボロボロ。
でも、感動するんですよ…

・小夏と朋子
銀ちゃんについて教え込む小夏。

・プロポーズ
ヤスの服装…笑
赤黒ボーダーのインナーにハワイアンちっくなブルーシャツはないよ、ね。

・玉美さん
まさにポヨヨーンのあの方。
胸元にハートがある黄色のひざ丈ドレス。

・小夏とヤスの母上

・布団…
ヤスと小夏の布団がくっ付ききれてない。
失敗したのか、ヤス…
まぁ、確かに毎回重そうに引っぱってるもんな。

・銀ちゃんソロ
ズボン赤Σ

・缶に八つ当たりする銀四郎様
・銀と小夏
指輪…

・「俺、階段落ちするよ」@ヤス

・小夏ソロ

・階段落ちが決まって悔しがる橘

・豹柄ジャケットにチェックのズボンな彼。
ほんとにセンスがセンスしちゃってますよ(笑)

・気がおかしくなったヤス

・銀「俺はスターだ!涙なんか見せねえ」

橘「でも、涙が」
銀「これは涙じゃねえ、鼻水だよ。今日は目から鼻が出やがんだよ。」
ここで、横から母上が「スゴっ」と突っ込みを…
やってくれるじゃないですか!笑

・電飾ピカピカ銀四郎様


【挨拶】
★ともよさん(長)
本日はシアター・ドラマシティ公演「銀ちゃんの恋」の初日にお越し下さいまして誠にありがとうございます。
この作品は、1982年に深作金治監督により映画化されました。つかこうへい先生原作の蒲田行進曲を石田先生の手で宝塚版「銀ちゃんの恋」と致しまして、1996年に月組で上演された作品でございます。
そして、今回2008年、宝塚バージョン、花組バージョンと致しまして、このメンバーならではの作品をお芝居、歌、ダンス、そして立ち回りとオリジナルスタッフの先生方が作り上げて下さった、より一層皆様に楽しんで頂ける舞台をお届けできますよう、皆で力を合わせて大切に演じていきたいと思います。
それでは、この公演に温かく、大きなお力添えを頂いております方をご紹介いたします。
初演の時もヤスの母を演じていらっしゃいました、専科の邦なつきさんでございます。
よろしくお願いします。
そして、同じく初演では大部屋俳優役で出演しておりました大空祐飛が今回、(笑)、銀ちゃんを演じております。(照れてるのか、ピカピカ帽子を取ってウチワ代わりにパタパタ。)
この銀ちゃんを中心に皆で力を合わせて頑張って参ります。千秋楽までどうぞよろしくお願いします。
それでは、銀幕の大スター銀ちゃんよりご挨拶申し上げます。
銀ちゃん!

★祐飛さん
へい!(←ともよさんの呼びかけに対して)
本日は初日に足をお運びいただき頂きましてありがとうございます。
今日は、気持ちのいい秋晴れで、スッキリとした良い天気で初日日和となりました。
初演の時、わたくしはまだまだ大部屋俳優で実際にも大部屋に居りましたが、はは(笑)、
今回はスターの個室に居ります!
ふふ(笑)大変気持ちよく公演させていたただいております。
あまりにも有名な蒲田行進曲という作品、そしてファンの方々に愛されている「銀ちゃんの恋」という作品を今、このメンバーで再演させて頂けるということは、幸せ、誇り、そして若干プレッシャーなどなど色んな思いを抱えつつ今日を迎えました。
ですが、銀四郎を演じている時間は何だかただ我武者羅に生きれるというか、人間の弱さもダメなところも欲も、全部裸の心でさらけ出して、なんかこう、ガツガツ生きてやろう!みたいなエネルギーを銀ちゃんから教わったような気がしています。
ここにいるお客様にも、私たち出演者全員にもそれぞれの人生があります。この公演で、宝塚を退団するものもおります。
はい、どこにいますか?(手を上げる退団者3名)
はい、千秋楽まで悔いのないように頑張りましょうね!
この3人はもちろん、私たち全員も千秋楽まで悔いのないように心を裸にしてお客様と向き合って、見ていた方々にいっぱい笑って、ポロポロ泣いて、明日からガツガツ生きてやろう!と思って頂けるような作品を目指して日々邁進してまいりたいと思います。
皆様、何度でも劇場に足をお運びください。本日は本当にありがとうございました。


幕が下りる手前で投げキッス。

-アンコール-
ありがとうございます!
大変汗だくでございますが、体力勝負のこの作品、千秋楽まで元気いっぱい頑張りたいと思います。
また劇場でお待ちしております。
本日は本当に、ありがとうございやしたぁ!

-幕-

* * * *

レポが盛り上がりに欠けております…
ゴメンナサーイ。

にしても、やっぱり美味しいトコは映さないですね~。
笑い所や泣き所が映って無い・・・

毎回そうですが、生で観ろってか?笑

私が観たのは3日目でしたが、初日より深さがましてましたね。
この映像を見てそう感じました。

今回の長は同期のともよさんな訳で…ゆっく~り話すんですね、彼女は。
同期を紹介しちゃうとこもかわいいじゃないですか(*´I`)

次の観劇が楽しみでなりません!

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事



Link



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



プロフィール

 さち

Author: さち



愛&尊敬
大空祐飛さん(→ファン歴5.5年)

ゆひすみ最高^^

≫続き




カウンター





Mail & Massage

注)半角入力は文字化けするので、必ず全角でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



TRAFALGAR☆ファンキー・サンシャイン



カサブランカ

特設サイトへGO




Copyright © SORAという名の魔法 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。